震災以降、放射能の影響が心配だからと食材宅配を利用したいという人も増えました。

 

食材宅配サービスは安全?放射能検査は?

 

多くの食材宅配業者は放射能検査を実施しているものの、とにかく安さにこだわって安全性はおざなりというところもあるのでどんな機械でどんな検査を、どのような基準で行なっているのかチェックしておく必要はあります。
きちんと取り組んでいる業者であれば、ホームページなどでも紹介されているはずです。

 

放射能の測定器としてはNAIシンチレーターやゲルマニウム半導体検出器などがあります。第三者機関でも検査してもらい、その結果を公開しているという業者もあります。

 

最近ではスーパーでも誰が作った野菜なのか生産者が見えるようにしているところも増えましたが、食材宅配の世界でも同じです。農薬についての基準もそれぞれの業者で異なりますし、毎朝獲れたてのものをその日のうちに出荷していたり、その時期が旬の一番おすすめの野菜を届けるようにしていたりとこだわっている業者が多いです。

 

アレルギー持ちの子供がいる家庭では、アレルギー対応食品カタログが配布されるような業者はおすすめです。添加物なしの加工品・レトルト食品のみを取り扱っているところや、離乳食やお菓子も安全性の高いものが豊富なところ、アトピー対応の食品も取り扱っているところなど、消費者の食の安全性に対する意識が高まった分、食材宅配業者の方も安全性への取り組み度も高まってきているのです。

 

妊婦さんであったり、小さなお子さんがいるような家庭であれば毎日の食事で口に入れるものの安全性は気になるところです。ホームページで調べてみたり、お試しセットが手に入るような業者もあるので実際に食べ比べしてみてもいいでしょう。資料請求するのもおすすめです。

 

食材宅配だからどこも安全性が高く、放射能検査への取り組みも万全とは限りません。宅配業者を安さだけで選んでいては危険性もあるので気をつけて選ぶようにしましょう。