食材宅配という言葉が首都圏を中心に浸透しつつあります。

 

ネットスーパーを上手く利用しよう

 

今迄のように届けられた状態で直ぐに食べる事の出来るお弁当配達とは異なり、スーパーマーケットで販売しているような「大根」「人参」「ピーマン」と言った具材を配達してもらい、自分で調理するという新しいシステムです。

 

電話やFAXのように手間暇掛けずとも、インターネットで簡単にリアルタイムに注文する事が可能になったのは大きなメリットと言えます。また、品物や数を含む注文間違いや、イメージと違ったという事も激減しました。インターネット上では送られてくる商品が画像でアップされ、中には生産者の顔写真を掲載しているショップもあります。生産者と消費者が直接会話する事も可能で意見や美味しかったという声を届ける事が出来るのは、生産者の糧になります。

 

料金は地域によって異なりますが、鮮度の良い品が現地から直送されるメリットも相まって、安心して食べる事の出来る食材と言う認識が強いようです。配達料は概ね千円以内ですが、地域によっては無料などの試験的サービスを行っている地域もあります。
当然離島やへき地は若干輸送費が嵩み高くなる傾向にあります。

 

大型スーパーが様々な食材をまとめて取り扱うケースでは、お水やカップラーメンなどの保存食に至るまで幅広く取り扱いがあります。全国展開しているチェーンだと若干費用が安い傾向にあります。人件費及び輸送費に係る費用が削減されるためと言われます。

 

足腰の不自由な高齢者のみならず、必要に応じて、妊婦さんや小さな子供を抱える家庭など、多くの事情で利用する人が増えています。今後ますます需要が高まると予想され、サービス内容もより充実したものになると見られ、企業も注目しているので、参入する会社も増える事でしょう。

 

会員制で登録して利用します。個人情報の取り扱いには各社神経を尖らせているので、安心して利用して問題ありません。不安な人は支払方法を現金払いか振込みにするとより安心でしょう。